サラリーマンのお気楽ダーツ

仕事のストレスはダーツで発散!
楽しければいいじゃない、と言いつつも・・・
やるならそれなりに上手くなりたい、という
ちょっと悩ましいブログww

<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

    
         

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 その他趣味ブログへ
にほんブログ村
2019.02.24 Sunday

ダーツサイトを作りました

0
    ダーツやろうぜ ダーツを楽しむためのサイト

    新たにダーツ用のWEBサイトを開設しました

    皆様のダーツライフの一助になれば幸いです。まだ作ったばかりで記事が少ないですが・・・ぜひ定期的に見にきてくださいw



    別府省吾


    2017.08.12 Saturday

    石と紙飛行機

    0
      ダーツを投げる時は、紙飛行機を投げるように。。
      なんて、よく言います

      紙飛行機は飛んでいく時に放物線を描くので、ダーツがターゲットに向かう時に重力で落ちるのをイメージするのに、ちょうど重なりますよね

      でも、クリケットの18を狙う時は特に、最近、私は紙飛行機のイメージ、、、ではないような気がしています
      紙飛行機の軌道では、とにかくシングルが拾いづらいです

      下から上に向かって跳ね上げる、というか、上昇中に刺さるよう投げた方が、なんだか安定するのです

      イメージとしては、石を投げる感じです。
      よく、飛びが鋭いとかいう表現を聞きますが、それって、直線的で、石を投げるイメージのほうがしっくりと重なります。

      紙飛行機は初心者のうちのイメージで、紙飛行機を体得したら次は、石のイメージを持つべきなのかなー??と、最近、そう思うことが増えてきていますが。


      紙飛行機と石、結局どっちが正しいのでしょう。。。
      どちらも正しいような気もするし、それは進化の過程で出てくる、皆んなが感じる矛盾なのかもしれないですねww

      なんだか今回は、掴み所が難しい話になりましたね( ̄∇ ̄)

      2017.02.21 Tuesday

      4)ダーツの基本 グリップ(にぎり)

      0

        JUGEMテーマ:ダーツ


        まあ、なんでもそうですが、グリップも人それぞれですね。
        ただし、大抵は3フィンガーか4フィンガーで投げることになります。。

        理想的なのは2フィンガーだ、とよく聞きますが、なかなか2本では安定しないと思います

        軽く指を添える程度の場合は、2.5フィンガーなんて呼ばれることもありますね。


        手首を倒せるだけ手前に倒して、固定してる人もよく見かけますねw
        他の箇所と同じく、グリップも再現性が大事です。
        初心者のうちは、決めうちで関節に合わせたりなどもありだと思います。


        注意したいのは、グリップが変わると他の全てに影響を与える、ということですね。

        投げ方や立ち姿勢が安定しないうちは、簡単に再現できない、難しい&複雑なグリップは止めたほうが良いと思います。。

        それと、力が入り過ぎているといろいろと安定しないので、出来るだけ力を抜くことが大事です。。

        2017.02.21 Tuesday

        3)ダーツの基本 セット(構え)

        0

          JUGEMテーマ:ダーツ

           

          足位置が決まったら、次は「構え」ですww

           

          「肩から入る」なんてことを私は最初に教わったので、まずは、肩を20とブルと3をつなぐ線上に置きます

          腕の縦ラインを合わせてる、なんて話もよく聞きますね。はい

           

          そして・・・構えたら・・・次は照準に狙う場所を合わせます

          (照準を特に作らない人もいるのですが。。。まあまあ)

           

           

          これもまた、人によってだいぶ違う感じですね。はい

           

          フライトの十字を照準に見立てる人。。

          親指がブルに重なるイメージで。

          ダーツを照準にはしない!!

           

          なんて、ほんと、人それぞれなトコロです・・・

           

           

          とりあえず、私はフライトの十字を照準にしてる人なので、そこをポイントに説明したいと思いますww

           

           

          で。ポイントは「照準」をどうやって合わせるか・・・です。

           

          ヒトには、「利き目=ききめ」というものがあります

          要するに、右目メインでモノを見ているのか、左目メインでモノを見ているのか、ということです

           

          まずは、人差し指を立てて、両目でじっと見てみましょう(割と目の近くでやるのがわかりやすいです)

          左目を閉じたら、指は移動してるでしょうか????

           

          移動してない人。。。あなたの利き目は、右目です

           

           

          逆に、左目で見て、両目で見る指と場所が変わらない人は、左目が利き目ということになります。。

          (ちなみに、フィルテイラーの利き目は左らしいです・・・腕は右利きですが)

           

          ダーツを引くとき、利き目の前に持ってきて照準を合わせるのが、どうやら良いようです

          ・・・利き目じゃないほうに持ってくると、まあ、ずれますからね。。。当然です。はい

          (しつこいですが、フィル・テイラーは左目の前で構えていますwww)

           

           

          そして、これもまた人によりますが、腕を地面と垂直に持ってくる人、けっこう多いですね。。

          「伸ばし切ったところ」を基準にする人もいます。。でも、伸ばす=引くときのダーツの移動距離が長くなるわけなので・・・

          長い目で見ると、安定しないような気がしてしまいます・・・・

           

          移動距離を考えた場合の究極は、安食プロなんかがやっている、引いた状態が「セット」になってる

          というやつです。はい

          引いた状態がセットになってれば、あとは前に出すだけですからねw

           

           

          で。。私は・・・・というと。割とフツーで申し訳ないのですが、直角(地面と垂直)を基本にしています

          でも、上半身はなんとなく、反ってる感じになることが多いです

          (コレもまた、人によりますね。。。まったく反らないように・・・と意識してる人もたくさんいます)

           

          ちなみに、セットするとき、左手はブラブラ遊ばないよう、固定すべきです

          私の場合は、右投げなので左手をアバラ骨の下にくっつける感じ・・・ですね

           

          要は、いちばん大事なのは「再現性」です

          もう一回やれ、といわれてサッとできることが、最も重要!と私は思ってます

          (じゃないと、まあね。。安定しないですからね。。)

           

           

          そして、左手はかっちり固定してダーツを2本持っている

          スタンスは固まっている状態

          照準はばっちり!

          右手にはダーツ、ということで、いよいよダーツボードに向かって、ダーツを投げるわけです。はい

          (こうやって文章にすると、けっこう長い道のりですねwww)

           

           

          いやいや。。。投げる前に、もうひとつ最重要ポイントが残っていました

           

           

          ダーツで何が大事って、これが一番大事・・・・とよく聞きますね

           

           

          それは・・・・・・ずばり、「グリップ」です

          どうやってダーツを持つのか・・・・

           

          いやー。投げるまでの道のりは。。。長いですね。

           

           

          次はグリップ編に行きますww

           

           

          ↓ 次はこちら ダーツの基本 グリップ↓

           

           

           


          2017.02.20 Monday

          2)ダーツの基本 スタンス(足の位置)

          0

            JUGEMテーマ:ダーツ

             

            ダーツを3本手に持ったら、次はスローラインに立ちます

             

            この時、足の位置をどういう風に置くのか・・・

            これが、いわゆる「スタンス」です。はい

             

            一般的に、スタンスは以下の3種類に分かれる、と言われています

            1)クローズ(ド) スタンス

            2)スタンダード スタンス(=ミドルスタンス)

            3)オープン スタンス

             

             

            右利きの場合、右足だけで考えると、こうなります

            (まあ、最初は左足は考えず・・・いきましょう・・・)

            ⇒クローズドは、右足がダーツボードと水平

            ⇒スタンダードは、右足がダーツボードに対してナナメ

            ⇒オープンは、右足がダーツボードに対して直角(垂直)

             

             

            まあ、オープンの人はそう簡単にお目にかかれませんので

            クローズなのか、スタンダードなのか、の2択になる場合がほとんどですよねww

             

            ・・・で、どれが一番良いか・・・なのですが・・・

             

            これ、どうやら正解はないようです(汗)

            (ちなみに、世界一のダーツプレイヤーなんて呼ばれている、フィル・テイラーはクローズスタンスですが・・・)

            だいたい、強い人はみんな、スタンダードで投げているような・・・気もします・・・

             

            最近は4スタンス理論なんて、だいぶ専門的な理論も出てきているようなので

            興味のある人は調べてみると良いと思いますw

            (ダーツ、4スタンス理論、で検索するとたくさん出てきます)

             

             

            でも、ここは初心者向け、ということで。。

            私としてはスタンスの「コツ」は、まずはコレで良いと思っていますww

             

             

            スタンスについては、とにかく最初は「再現性」を重視すべきだと、私は思うのです

            (再現性=常に同じ場所に足がある、ってことです)

             

            まずは、「楽に投げれるスタンスで、常に同じ位置に足を置ける」というのを意識すべき、です

            &、つま先(スネを、という人もいますが・・・)をダーツボードのどこに合わせるのかを、まずは決めてしまいましょう

            (理想的なスタンスでも、常に同じ位置にならないと意味ないですからね・・・)

             

             

            これには「コツ」があって、まずは、足をくっつけることが良いと思います

            ・・・当然、くっつける場所は自分で決めておきます

            (かかと同士をキッチリ合わせておいてから、少し離す・・・など)

             

            足をくっつけたら、常に同じスタンスになるように足を動かしてから、ダーツを投げます

             

            ちなみに、私は両足をくっつけたままで、ほとんど両足を離さずにスローしています・・・正しいかは置いといて・・・ですが

            ・・・とにかく両足の場所は固定されているので、再現性は高いと思っていますww

            そして、私の場合は、つま先をブルに合わせます

             

            まとめると・・・

            つま先をブルに合わせ、両足を常に同じようにくっつけて投げる、いうのが私のスタンスです

            (とりあえず、これでBBまではイケることは、保証できますww)

             

            ただし・・・両足をくっつけて投げている人・・・というのは、だいぶ「まれ」です

             

             

            スタンスをどうするか・・・については、最初のうちは・・・

            まずは、好きなプロプレイヤーとか・・・参考にするのが良いかもしれませんねwww

             

            悩みまくっている人は、私と同じく、「両足を決まった位置でくっつけたまま投げる」でも、意外に・・・安定するかもしれませんよww

             

            ↓ つぎはこちら・・・ダーツの基本 スタンス へ ↓

            http://lovedarts.bessho.biz/?eid=8


            2017.02.19 Sunday

            0)ダーツの基本 ダーツ用語

            0

              ダーツを全くやらない人と話すと、意外に言葉が通じません(°_°)

              最近シャフトを長くしたんだよね〜
              インビトだと合わなかったから、ちょっと長めにしたら調子良くなって( ̄▽ ̄)

              とか


              ダーツやらない人からすると、???な内容です。。はい

              まあ、まずは知るところから。
              ダーツの用語集はいろんなお店が載せているので、ダーツショップのHPを見るのが、いちばんてっとり早いと思います。

              まあ、やってればすぐに、覚えますけどね( ̄▽ ̄)

              ただ、ある程度は言葉が分からないと、アドバイスも何もないので。。
              なんだか自信が持てない、という人は、ぜひ、まずは勉強してみましょうww


              ↓ ちなみに、私はこの辺りで勉強しました ↓

               

              エスダーツ様

               

               

              まずはダーツの各パーツの名前を覚えて・・・・それからですねww

              対人戦をたくさんやっていると、掛け声なんかは自然に覚えてきます

              (ナイトンとか、ナイスダーツとかwww)

               

              ↓ 次(ダーツを持つ)へ ↓

              http://lovedarts.bessho.biz/?eid=3


              2017.02.19 Sunday

              1)ダーツの基本 ダーツを持つ

              0

                ダーツを投げる時、まずはダーツを3本持ちますよね。。

                まずは・・・投げる方の手じゃなくて、投げないほうの手のお話です。はい

                 


                私の場合は、小指の上にチップを指すような感覚でダーツを3本並べ
                シャフトを人差し指と親指で軽く持っています

                特に意識せず、気づいたらこの持ち方になっていましたが。。。


                太ももにトン、トンと軽くぶつけて、チップの先を揃える人もよく見かけますねww
                (これだけで、けっこう上手そうに見えますw)

                実は、このダーツを3本持った状態は意外に大事、とアドバイスされたことが、昔ありました

                そう。利き手ではない手から、利き手でダーツを取るとき、いちいち手元は見ないものです
                なので、常に同じ持ち方をしていないと、グリップに手間取るわけです。はい

                ダーツを投げるペースは、割と皆さん一定ですよね?

                リズムを大事にして投げる人は、プロプレイヤーでもたくさんいます。。

                一定のリズムで投げるためには、まずは利き手でない手でどのようにダーツを持つか。。
                コレ、意外に大事だと思います


                そして、コレはよく言われることですが、投げてるときに、次のダーツを持っている手
                これが、常に同じ場所にあること、常に固定されていることも重要です
                (ブラブラ動くと、体全体のバランス&重心が狂います)

                 

                右利きの場合だと、左手を投げている間はずっと固定しておくよう、意識しましょうね。っていうことです。はい

                 


                アバラ骨の「キワ」にくっつけて、固定する人など、よく見かけますね
                とにかく、常に同じ位置にある、ということが重要なようですww

                (&固定していると、見た目もカッコ良いですよwwwww)

                 

                 

                ↓ 次(スタンス)へ ↓

                http://lovedarts.bessho.biz/?eid=4

                 


                ▲top